初瀬秀一(2)
「リンク、スタート」
VRNETへのログインのやり方は昔から基本的に変化はない。物理的な接続をセットして、『マジックワード』を囁くだけでいい。標準コマンドは『Link Start』だが、カスタマイズすればそれ以外の言葉も選べる。『オープンセサミ』でも、『光りあれ』でも好きなものを設定できるのだが、俺は初期のままで使っている。別にリンクコマンドで個人認証をしているわけでもないのだし。
やり方自体は20年前から変わらないが、それをサポートするハードウェアは随分と変わった。
当初主流だったヘッドギア型のアミュスフィアは今もバージョンアップして使われ続けているが、頭部を囲む宝冠型からバイザー型、バイザー型からヘッドホン型と次第に小型化され、現在では大型イヤホンサイズにまで縮んでいる。装着位置も頭骨周辺であれば特に選ばないため、眼鏡タイプや見た目重視の髪飾り型、レトロな宝冠型、動物の角型など変わったものまである。
アミュスフィアはフルダイブ型のVRターミナルだが、今はライトダイブ型と呼ばれるターミナルも普及している。ダイブ中に体の意識が完全になくなるタイプがフルダイブ型。一方、ログアウトしなくてもVRと現実を同時に認識できるのがライトダイブ型だ。VRMMOの様に、ダイブ中の感覚をフル稼働するアプリケーションはライトダイブ型には向かないが、マップナビゲーションや店舗価格情報など情報をオーバーレイする事に意味がある場合や、自動車の運転など外部要因のシミュレーションが安全確保に役立つ場合など、VRネットワークを現実の世界で利用するケースも増えており、現実とVRワールドを同時に使えるライトダイブ型のニーズも高まってきた。無線タイプのターミナルが増えてきたのもここ数年だし、体内内蔵型のターミナルといういささか乱暴なモノもつい最近登場した。
俺は、実用性を重視してフルダイブ/ライトダイブ兼用のバイザー型を使っている。黒いフレームとミラーシェードのスクリーンが目元から耳の辺りまで完全に覆い被さるモノで、あまり目立たないモノやスタイリッシュなモノがもて囃されている昨今では、かなり大仰に見える。国産大手メーカーの堅牢な作りのモノで、機能も充実しているが、見た目は随分と野暮ったい。その無骨であか抜けないデザインも俺の趣味にあってはいるのだが。
フルダイブ中の身体機能をモニタするサポートベッドの中で、俺の意識は次第にVRワールドへと移行していく。昔のターミナルには、酩酊感や墜落感を感じさせるものや、一瞬で切り替えが終わって面食らうものが多かったが、最近では数秒かけてゆったりと感覚移行するのが流行になっている。たぶん、VRネットワークが一部の好事家のものではなく、広く一般に使われるインフラと化したせいだろう。コモディティユーザーは、ログイン時の感覚入れ替え時に起こる奇妙な違和感を嫌がるが、古くからのユーザはログイン時に感じる違和感が無いと、かえって落ち着かないという。
俺も、このふわりと眠るように誘われる感覚に、当初はいらだたしさを感じたものだった。今ではもう慣れてしまったが。


ログインしてバーチャルボディを得た俺が最初に現れるのは、自分の専用ハンガーだ。
バーチャルボディといっても、実際には現実の自分自身とさほど変わらない。体格を大きく変えたり性別を変えると、どうしても感覚や行動にずれが出がちだから、俺は現実の俺とあまり違わないボディを選ぶことにしている。変えているのは顔くらいのものだ。
もちろん、現実の体でない以上、例えリアルボディとほとんど同じ体に設定してもいくらかの誤差は出る。結局、それを補正して慣れるのはプレイヤー自身の腕ということになる。リアルで背の小さい人間が巨体を選んだり、VR上だけで女性になるいわゆる『ネカマ』も決して少なくないが、やはり感覚の補正慣れが求められる。俺自身はあまりVR上の『ペルソナ』を作る必要性を感じない。顔を変えるのもプライバシー上の問題からだ。
……いや、少なからず願望を投影した顔に変えてあるが。
ハンガーには、殺風景な空間だけが広がっている。隅の方に古びたソファや事務机などがいくらかありはするが、ハンガーの9割を占める駐機スペースにはあるべき主の姿がない。そこに鎮座するべき俺の愛機は、昨夜の出撃後に、定期メンテナンスへと出していた。突き詰めていけばデータの固まりに過ぎない機体をメンテナンスに出すことは一瞬ナンセンスに聞こえるが、それはこのゲーム『Air Superiority Online』について理解して貰えば氷解する疑問だろう。
スポンサーサイト
2020/12/29(Tue) | 小説本文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://neversaygoodbye.blog56.fc2.com/tb.php/3-58b2508b
前のページ ホームに戻る  次のページ